インサイドジョブ

インサイド・ジョブで経済に対する理解を深める

インサイド・ジョブという名前のドキュメンタリーを見ました。
inside jobの意味は「内部犯行」ということですから、名前が示すように、2008年からの世界同時不況は内部の人間に責任がある
ということを示唆しています。

 

僕はまだ見ていないのですが「マネーショート」を見て理解できなかった方はインサイドジョブも見ると理解が深まると思います。

 

どのようにサブプライムローンからリーマン・ショックに発展し、その後どうなって、誰が責任を取ったのか?

 

というドキュメンタリー映画です。
ちなみに、ナレーターはマット・デイモンです。

 

以前、投資についての勉強をする前にちょっとリーマン・ショックについて調べては見たものの、ほとんど理解ができませんでした。でも、投資を始めて色々と勉強をしたら、意味がわかるようになりました。いきなりこの映画を見ても、あんまり理解できないかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

日本の政治家の収賄事件が見つかったとしても、だいたい数千万円〜数億円くらいが相場ですよね。

 

アメリカはスケールが違って、数兆円から数十兆円規模の「内部犯行」です。

 

サブプライムローン危機からリーマンショックまでの流れを簡単にまとめると

 

リスクの高い住宅ローンを集めて証券化する

格付け会社が最高の格付けを与える

個人投資家や機関投資家が買う

売った側はその証券の破綻に保険をかける

破綻する

保険会社と投資家が損害を被る

売った側は大儲け

国が税金で保険会社を助ける

 

というような流れです。
更に、この裏では

 

経済学者を政府の顧問にする

規制緩和

金持ちの税金を安くする

大手投資銀行の幹部が政権の中枢に食い込む

以下ループ

 

というようなことが行われています。

 

つまり、犯人はルールを作る側なので誰も責任を取らせられないということなのです。日本で株とかFXをやっている個人投資家からすると、スケールが大きすぎてよく分からないという感じですが、こんなことが起こっていたわけです。

 

その経済危機を収束させようとして始めたのが量的緩和なわけです。それはまた別の話。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい: 

関連ページ

不動産投資って儲かるの?
不動産投資のメリットはあるようですが...
金銀レシオ
アイディア次第では使えそうな金銀レシオとは?
FXやCFDの確定申告
昔はものすごく面倒だったFXやCFDの確定申告が楽になっている
占い師は勝てるのか?
占いを使ったら投資で儲けることができるのでは?と思う人も多いでしょう。
投資で勝つのが難しい理由
投資はビジネスと違って何が正しいのかが良くわからないことがあります。
FXと株で大きく失敗してからが本当のスタート
失敗しても恥ずかしくありません。個人投資家としてのスタートは大きな失敗をしてからです。
5先物取引のメリットとデメリット
取っつきにくい先物取引についての基礎知識。