アトムの株主優待

アトムの株主優待カードはコロワイドでも使える

アトムの株主優待カード

 

飲食系の株主優待の中でも一番投資家に人気があるのがコロワイド(7616)ではないでしょうか。コロワイドの場合、株主優待の権利を取得するのに最低単元500株が必要なので、だいたい50万円〜60万円の現金が必要です。500株につき半年で2万円分の優待ポイントが付きます。つまり、年間で4万円分の飲食代が株主優待としてもらえます。2014年現在だと一株あたり1000円〜1300円くらいです。※信用取引の場合には現物株を保有していることにはならないので株主優待はもらえません。

 

コロワイドの場合には、優待が大人気のためPERが50倍〜100倍だったりしますが、株主優待目的で長期保有の人が多いので、なかなか値下がりしません。PERだけで見ると高くて買えませんが、優待の実質配当利回りを考慮するとかなりお得です。コロワイドの株はちょっと手が出ないし、値下がりしたら怖いという場合には、コロワイドが大株主であるアトム(7412)がおすすめです。アトムとコロワイドは株主優待のシステムが共通なので、相互利用することができるのです。だから、コロワイドが買えない場合にはアトムを買うのもアリです。

 

スポンサードリンク

 

アトムの場合には、1株500円〜600円ほどで、最低単元の100株で株主優待が2000円分が年2回もらえます。6万円の投資に対して、優待が年に4000円もらえますから、優待利回りが6%以上あります。株主優待カードが郵送で送られてくるので、専用サイトにアクセスして株主番号を入力して登録します。通常、株主優待は1枚500円の食事券でおつりは出ないという場合が多いですから、500円以内に収めたくても、無駄に500円以上注文することになります。ポイントの場合にはきっちり1円まで使えますし、ネット上であと何ポイントあるかをいつでもチェックできるので、かなり便利です。

 

株主優待カードラパウザで使ってみました。専用の端末があり、店員さんがSUICAのように端末に接触させてポイントを入力することによって、そのポイントが引かれるようになっています。ラパウザは比較的安価なイタリアンで、
ランチの場合700円ほどでパスタとドリンクバーのセットがあります。2000円分の株主優待でも2〜3食分にはなりますし、一人でも入りやすいですから、ラパウザでよく使っています。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい: 

関連ページ

ANAの株主優待
ANAの株主優待は、金券屋に売ることでお小遣いになりますが、売るタイミングが重要です。
REIT
不動産投資はやる気がありませんが、REITだったら買う気になります。
GMOインターネットの株主総会
GMOインターネットの株主総会へ。本社がある渋谷のセルリアンタワーに行ってきました。お土産ももらえてお得です。
GMOクリック証券で口座開設
GMOインターネットの株主優待で、GMOクリック証券の手数料がお得になります。
ドル建て終身保険
ドル建て終身保険(生命保険)ってどうなのか?という話。
金投資でリスクヘッジ
株式投資のリスクヘッジのための金投資について