損切りできない

新興市場暴落が暴落しても損切りできないあるある

マザーズやジャスダックなどの新興市場の株を持っていると、年に何回かは10%くらいの下落に見舞われます。下落理由は、以前から大幅に上昇した株を中心に、機関投資家の期末直前の利益確定売りという説があります。

 

このような出来事があるので、全く違う業種の会社であっても、同じようなチャート形状になる株が多数出てきます。たとえばゲーム関連であれば、東証1部であってもマザーズ指数やジャスダック指数と同じような動きをすることが多いので、ゲーム株やバイオ株などのいわゆるテーマ株(材料株)に集中投資をしていると、儲かる時も大きいですが、損をする時も大きくなってしまいます。

 

現物だから借金を負うことはないから大丈夫と思って損切りをしないでいると、ゆるやかな下落トレンドに入って、徐々に含み損が拡大し、気づいたら買値の半分以下になってしまうなんてこともよくあります。そうなると、意地になって持ち続けて結局買値の3分の1以下になってしまい、たまらず投げるということになってしまいます。

 

新興市場の場合には、いくら将来性があったとしても、売りすぎだろと思う以上に売られてしまうことがあるので、自分の思惑と違う方向に行ったら損切りするルールを作っておかないと、信用取引の場合は市場から退場させられてしまいます。現物でも再起不能なくらいに大損します。

 

スポンサードリンク

 

ビギナーズラックで買った株が何倍にもなったりしてしまうと、チャートなど関係ない!将来性のある株を含み損になっても持っていればいいんだ!と思ってしまいがちです。株やFXの本には損切りが一番重要と、ほとんどの本に書いてあります。でも、本当に言うは易く行うは難しなんです。何十万とか何百万とか失敗して本当に損切りの重要性に気づくという。

 

たとえば、100万円の株があって、将来性も抜群でこれから絶対上がると思って購入します。それが80万円に下がると、20万円の含み損です。株価を考えるたびに胃が痛くなります。どうせ1年後には2倍以上になっているはず。5倍も狙えるって書いている人もいたな。そうだ、株価を数ヶ月間でも見ないようにすればいいんだ。気絶しよう!でもたまに見てしまいます。そうしたら株価は60万円に下がっていました。地合が悪いからだ。こんな好業績で将来性のある株の価格が60万円で良いはずがない。PERを考えても割安だ。むしろナンピンしたいくらいだ。また気絶しよう。一時的には70万円台にもどったが、さらに50万円台まで下落。これは本格的にまずいかもしれない。資産は半減している。

 

運が良ければ反転して含み損が含み益に変わったかもしれませんが、それは運が良かっただけであって、同じ様なことを何回も続けたら、いつか資金が尽きて退場になってしまいます。

 

仮に100万円の株を80万円の時に損切りしたとします。そして、50万円で買い戻した場合、ずっと持ち続けた場合には50万円の含み損ですが、損切りして買い戻した場合には20万円の損失で済みます。
そこから買値に戻った場合、ずっと持ち続けた場合にはプラスマイナスゼロ円ですが、買い戻した場合には30万円の利益になります。

 

そもそも、買値の時点では誰もが上がると思っていて、20%下落したらもう当てが思いっきり外れているわけですから、損切りも考えた方が良いでしょう。株を買う時には、利食い価格と損切り価格を決めておきましょう。もしくは何年持つとか時間で期限を決めるとか。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい: 

関連ページ

会社を応援することになる?
良く言われる、株を買うことと会社を応援することは、直接結びつかないのではないでしょうか。
ホームカントリーバイアス
経済や投資の話でたまに出てくるホームカントリーバイアスについて
オーバーコンフィデンス
株やFXにおける「オーバーコンフィデンス」について。
マネーフォワードでポートフォリオを管理
複数の証券口座で株を保有している場合に便利な方法を紹介します。アグリゲーションサービスのマネーフォワードを使ってみました。
長期投資vsデイトレード
長期投資とデイトレードの比較。それぞれにメリット・デメリット、向き不向きがあります。
デイトレードを始めるのに必要な物
株やFXのデイトレードを始めるのに必要な物は何か?
ドルコスト平均法のデメリット
ポピュラーな投資法である、ドルコスト平均法の最大のデメリットとは?
逆指値注文で損切りする
株式投資を始めるならまず逆指値注文について知っておいた方が良いです。
マネー雑誌は役に立つか?
マネー誌を活用することで儲けることができるのか?
損切りしなければ良かった
損切りしなければ良かったと思うことも多くあるけれど、損切りは重要
若い内に投資で失敗
投資の失敗は若い内にしておいた方が良い。