会社を応援

株を買うとその会社を応援できるって本当?

よく、「株を買うことによって会社を応援しよう」という話があります。本当に株を買うことによって会社を応援できるのでしょうか?

 

株式というのは、証券取引所に上場している会社が発行できます。なぜ株を発行するかというと、大量に資金を調達できるからです。個人や機関投資家からお金を集めることができるので、「直接金融」と呼ばれています。「直接金融」の反対は「間接金融」です。銀行を通して預金者のお金を借りるから間接金融と言います。これは、消費税が店舗を通して税金を収めているから「間接税」と呼ばれるのに似ています。

 

スポンサードリンク

 

一度株式を発行すると、その発行された株が市場で取引されます。つまり、上場して株取引が開始されると、もはや誰が株を購入しても会社に入ってくるお金は変わりません。その会社の株の需要と供給のバランスによって株価が変わっていくだけです。だから、株を購入したからと言って自分が会社に影響を与えられるわけではありません。もちろん、大株主になればそれなりの影響を与えることができますが、一般的な個人投資家はそんなに多くの株を買えません。バラバラな個人がそれぞれ株を買うことによって、その会社の時価総額を上げることによって、名前が世間に知れ渡るということはあり得るかもしれません。そういう遠回りな応援なら可能です。そして、株を買うことによって株主総会に出たり、決算資料を読んで、その会社の経営方針に対する理解を深めたりすることはできますし、株主総会で発言することは可能です。

 

「気に入った会社を応援する」というのは、中小企業に対して1口1万円融資をしたりする、「クラウドファンディング」の方が実現できると思います。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい: 

関連ページ

ホームカントリーバイアス
経済や投資の話でたまに出てくるホームカントリーバイアスについて
オーバーコンフィデンス
株やFXにおける「オーバーコンフィデンス」について。
マネーフォワードでポートフォリオを管理
複数の証券口座で株を保有している場合に便利な方法を紹介します。アグリゲーションサービスのマネーフォワードを使ってみました。
損切りできない投資家心理
株を始めたばかりって損切りができないんです。
長期投資vsデイトレード
長期投資とデイトレードの比較。それぞれにメリット・デメリット、向き不向きがあります。
デイトレードを始めるのに必要な物
株やFXのデイトレードを始めるのに必要な物は何か?
ドルコスト平均法のデメリット
ポピュラーな投資法である、ドルコスト平均法の最大のデメリットとは?
逆指値注文で損切りする
株式投資を始めるならまず逆指値注文について知っておいた方が良いです。
マネー雑誌は役に立つか?
マネー誌を活用することで儲けることができるのか?
損切りしなければ良かった
損切りしなければ良かったと思うことも多くあるけれど、損切りは重要
若い内に投資で失敗
投資の失敗は若い内にしておいた方が良い。