雇用統計の重要度

FRBの目的とアメリカの雇用統計の重要度が下がってきた理由

為替でも特にドル円、そして株価指数のNYダウやS&P500に与える影響が一番大きい経済指標と言えばやはりアメリカの雇用統計(NFP)でしょう。日本では失業率ってそれほど経済指標として重視されていませんが、アメリカの雇用統計が重視される理由は、アメリカの中央銀行に当たる連邦準備制度の目的にあります。

 

日本ではThe Fed=FRBと認識されていますが、厳密には違って

 

FedもしくはFRS=Federal Reserve System(連邦準備制度)
FRB=Federal Reserve Board(連邦準備制度理事会)

 

です。理事会は「最高意思決定機関」です。

 

つまり、上の2つの単語を日銀に置き換えると

 

Fed→日銀
FRB→日本銀行政策委員会

 

というような感じです。

 

ちなみに、ハリウッド映画やアメリカドラマにおける名詞の「fed」は95%以上の確率で「FBI捜査官」を指します。FBIの「F」も「federal」の略ですから。

 

スポンサードリンク

 

The Fedの公式サイトによると

「What are the Federal Reserve’s objectives in conducting monetary policy?」
金融政策を行う連邦準備制度の目的は何ですか?

 

The Congress established the statutory objectives for monetary policy--maximum employment, stable prices, and moderate long-term interest rates--in the Federal Reserve Act.

 

連邦準備法において議会は、金融政策の目標を雇用の最大化、物価の安定、そして長期金利の調整と法定しました。

 

と書いてあります。「雇用の最大化」つまり「失業をなるべく無くす」ことが金融政策の重要な目標ですから、雇用統計が金融政策を行う上で重要な経済指標となります。

 

失業率が減り、雇用状況が良くなってきたら景気が良くなっているということですから、金融引き締めをしても良いと判断しやすくなります。金融引締めとはつまり「利上げ」のことです。既にアメリカでは利上げを年に数回やるのは既定路線です。

 

雇用統計を見て利上げを「する」「しない」という判断の段階の時には雇用統計は非常に大きな意味がありましたが、2017年の段階では利上げを1年に何回するか?ということが問題になってきていますから、雇用統計の重要度が下がっています。そのため、余程事前予想と大きくかけ離れた数値が出ない限りは、ドル円が大きく動いたりすることは無いでしょう。
アメリカ要因で円安になっている時に、日銀金融政策決定会合が全く注目されなくなるように、その時の相場環境によって経済指標の重要度が変わってきます。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい: 

関連ページ

トライオートってどう?
インヴァスト証券のトライオートを使用してみた感想です。
マネーパートナーズで株とFX
マネーパートナーズを利用すれば、株式の一部をFXの証拠金として利用することが可能です。
FXとMMFと外貨預金
円安になるから外貨投資が良いといっても、FXや外貨MMFや外貨預金など米ドル等の外貨に投資する方法はどう選ぶか?
スワップ投資は失敗する?
スワップ狙いでの外貨投資は失敗する確率が高いです。その理由は
月曜日の窓開け時に儲かる?
窓開けが起こると、損することもあれば得することもあります。