FX

FXで株のリスクヘッジをすることができる

株とFXを比べると、僕にとっては圧倒的に株の方がとっつきやすかったです。個別株には普段利用している飲食店の銘柄があったり、馴染みがあるのでこの会社は伸びるかなとか考えるのは楽しいです。

 

一方、FXの場合、円高と円安の区別が最初からややこしかったり、「pips」「1万通貨」などの見慣れない用語が多く、更に「証拠金維持率」や「レバレッジ」などのなんか大損しそうな感じとか、現物株に比べると、ものすごくとっつきにくかったです。最初にデモトレード口座を開設して、FXの本を何冊か読んでみたのですが、全然頭に入ってこなかったので、実際に入金してFXをやってみました。やはり、身銭を切ると理解が深まりました。FXをやってみると、株よりも有利な点がたくさんあることに気づきました。

 

たとえば、

 

注文方法が多いので、指値注文と同時に利食いと損切りの決済注文も出せるので、
株のように値動きを頻繁にチェックする必要が無い。
ストップ安やストップ高が無く、窓開けが少ないので、リスク管理がしやすい。

 

などがあります。詳しくはこのサイトで紹介していきます。

あわせて読みたい: 

FX(為替)を株式投資と組み合わせよう記事一覧

売買手数料や口座維持手数料など、すべて無料になります。入出金は即時入金サービスを利用すれば、自分の銀行口座からインヴァスト証券の口座にすぐに反映させることができます。なぜ、トライオートを含めてFX業者の手数料が無料なのか?というのは、最初にFXを始める時の疑問でしたが、「スプレッド」によって儲けるため、手数料が無料なのです。最近のネット証券の口座開設の場合、運転免許証をスマートフォンで撮影して、そ...

一般的に株とFXは別物だと思われていますが、日経平均は為替の影響を大きく受けますから、円高になると株(日経平均)が下がり、円安になると株が上がります。輸出関連企業は為替の影響をもっとも受けるため、輸出がメインの企業の株の比率が高いと為替リスクがあるということになります。もちろん、内需系の企業は円高になっても株が上がる企業もあるので、そういった企業の株も持つことで為替リスクをヘッジできます。もしくは...

円安になるということは、円の価値が目減りすることですから、資産が預貯金かタンス預金のみという場合には実質的な購買力は減ってしまいます。海外旅行に行ってお土産を買うことを考えるとわかりやすいですが、1ドル100円の時には 20ドルのマカデミアナッツが2000円1ドル50円の時には 20ドルのマカデミアナッツが1000円になります。つまり、1ドル50円の円高の時の方が、同じ20ドルでも、マカデミアナッ...

為替でも特にドル円、そして株価指数のNYダウやS&P500に与える影響が一番大きい経済指標と言えばやはりアメリカの雇用統計(NFP)でしょう。日本では失業率ってそれほど経済指標として重視されていませんが、アメリカの雇用統計が重視される理由は、アメリカの中央銀行に当たる連邦準備制度の目的にあります。日本ではThe Fed=FRBと認識されていますが、厳密には違ってFedもしくはFRS=Federal...

FXの場合通貨を扱うので、必ず2つの国の通貨ペアとなります。たとえば、日本円とアメリカドルです。日本の金利はほぼゼロ、アメリカは2%弱ですから、日本円を売って米ドルを買うと(=「ドル円を買う」と)大体1万ドルにつき毎日20円もらえたりします。逆に、米ドルを売って日本円を買う(=ドル円を売る)と相対的に高金利の米ドルを売っているわけですから、スワップポイントを支払わないといけません。FXでは「買い」...

2017年4月24日はフランス大統領選挙の決戦がマクロンvsルペンになることが確定したため、リスクオンとなりドル円も日経平均先物も買い戻さ円安株高となりました。マクロンとルペンの戦いとなると、マクロンが大幅に有利だと見られているからです。そのため、FXも先物も大幅ギャップアップで寄り付きました。例えばドル円は週末の109円台前半から110円台前半へ約1円の窓開けです。最近はそれほど大きく窓を開ける...