成行注文

成行注文ができないのに指値注文はできる理由

株を始めたばかりの時、ある株が欲しくて成行注文をしようとしたら、余力があるはずなのに買えなくて困ったということがありました。たとえば、50万円の余力があるのに、45万円(4500円を100株)の株を成り行き注文で買えません。なんでだろうと思って、今度は指し値で注文したら注文できました。これ、最初は理由がよく分かりませんでした。

 

その後なぜ購買余力があるのに成行き注文で購入できないのか?が分かりました。

 

日本の株には値幅制限があります。「ストップ高」や「ストップ安」が存在するのは値幅制限があるからで、どんなに買い注文があっても値幅の上限まで行ってしまうと止まってしまいます。取引時間中に株価が上限で止まっているような状態を「ストップ高張り付き」と言います。売られすぎで取引時間中に下限で止まっている状態を「ストップ安張り付き」と言います。

 

4500円株の場合、その日の値幅が3500円〜5500円だと、最大で55万円と証券会社に支払う株の売買手数料の分がないとその株を成行注文で買うことができません。だから、成行で注文したい場合には値幅制限の上限と手数料分の金額を入れておく必要があります。

 

スポンサードリンク

 

指し値よりも成行注文の方が早く購入できるので、その当たりの金額で必ず買いたいという場合には、成行注文の方が良いです。出来高が少ない小型株の場合、指し値注文が全然通らないということもよくあります。そういう点でも、欲しい株は成行注文ができるくらいの余裕を持った余力を入れておくと良いです。指値でしか購入しないという場合には、購買余力は現在の株価と同じくらいでも良いということです。

 

最初は、「買えなくてどんどん上がっていってしまったらどうしよう」とか思って成行注文を使っていたのですが、最近は指値注文しか使わなくなりました。そして、買うのであれば値下がりしている時です。初心者の頃は高値で飛びついては含み損というのを繰り返していました。買えずに上がっていってしまったら「まあしょうがない」と思えるようになってからは、損をしにくくなりました。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい: 

関連ページ

東証IRフェスタ2014に行ってきた
初めて東証IRフェスタというものに行ってみました。会社説明会や講演会などがあって、普段は聞けない会社の人の話が聞けて良かったです。
貸株のメリットデメリット
貸株金利の高いガンホー株で貸株を利用してみました。
日経225ミニ先物取引の手数料
日経平均先物について知るには、日経225ミニを実際に取引してみるのが一番理解が深まります。
アメリカの債務上限問題
ニュースでたまに出てくるアメリカ特有の問題、債務上限問題について。デフォルトって?
ナニワ金融道の先物取引編
ナニワ金融道の先物取引で堕ちていく小学校の教頭先生の話について。
靴磨きの少年と株価の天井
株に興味が無かった人が興味を持ちだしたら天井が近いという逸話ですが、現代に当てはまるでしょうか。
胃が痛くなる理由
株やFXで胃が痛くならないようにする方法。胃痛にならないようなトレードをするには?
配当落ちで儲かる?
空売りの必勝法はあるのか?配当落ちや優待落ちでの空売りの見落としがちな注意点について。
空売りの仕組み
理解が難しい空売りの仕組みを解説しています。
エリオット波動で株価予測
株価予測ができる?エリオット波動について。