ハイパーインフレ

預金封鎖、ハイパーインフレ、日本経済は破綻する派の主張

ずっと日本経済は破綻すると言っている人がいます。なぜそういうことを言っているかというと、不安を煽って
自分の会社のファンドに誘導したり、他人のファンドや商品を紹介して手数料を得るためだったりします。また、起こる確率が低いことを予言しておけば、当たった時に注目を集めることができます。稀に本気で信じている場合もあるかもしれませんが。

 

本当に日本の財政破綻やハイパーインフレを信じているのであれば、FXでドル買い円売り、金地金を買い、インバース型の日経平均連動ETFでも買っていれば良いのです。

 

「日本経済破綻」=「日本国債デフォルト」ということでしょう。流れとしては以下の通りです。これは、マルチ商法や投資詐欺などの勧誘に使われるので覚えておくと良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

大体こんな感じです。

 

日本の借金の残高を知っているか?1000兆円を超えている。そしてそれは増え続けている。このままでは日本の借金は増え続けるしかないので、国際的に日本の信用が下り、国債の債務不履行が起こる。

 

国債の信用がなくなるため、日本円は大暴落。円の価値が暴落するということはハイパーインフレに。あなたの資産はジンバブエドルのように紙屑と化す。

 

現時点で日本の借金を日本の人口で割ると、一人当たり何百万円も。日本経済破綻を救う唯一の道がある。日本政府が預金封鎖をして国民から財産を取り上げることだ。日本国民の金融資産は1600兆円で、日本の借金が1100兆円くらい。預金封鎖をすれば借金は返せるから預金封鎖は起こるはずだ。

 

1946年に日本で実際に預金封鎖が起こっているし、2013年にはキプロスでも預金封鎖が起こっている。今の日本で預金封鎖が起こらないとなぜ言えるのか!?

 

住基ネットの充実や、マイナンバー制度がなぜ作られたか知っているか?国民の金融資産を確実に補足するためだ。あなたの資産を銀行に預けてはいけない。アベノミクスは財政破たんの前に株価を一気に上げて資産を増やすための国際金融資本の誘導なのだ。富裕層はこれを知っているから既に株を売り抜けて海外に資産を移している。

 

というような感じです。

 

ハイパーインフレや国債大暴落があり得るか?と問われれば「あり得ないことは無い」です。侵略されたり大規模な自然災害で生産能力が低下すればそうした事態もあり得るでしょう。先進国で自国通貨建ての国債発行の場合、通常財政破綻したりハイパーインフレになるようなことは無いので、それほど気にしなくて良いと思います。

 

というか、そんな状況で大企業も倒産し、ほとんどの人が職を失い、生きるのにも困るような状況なはずなので、投資したお金の心配どころではないでしょう。どうしても不安であれば、金地金でも買っておけば良いのです。

 

スポンサードリンク

あわせて読みたい: 

関連ページ

リフレーション/量的緩和
以前から言われていたものの、なかなか政治家からは理解されなかったリフレーションについて。
アベノミクスに対する反対意見
アベノミクスは日本経済にとってむしろ悪いという意見について。